村上市上海府地区の藤布衣 むらかみしかみかいふちくのふじぬのい

有形民俗文化財 / 新潟県 

新潟県立歴史博物館

新潟県の北部では、かつて木綿や麻の栽培が定着せず、藤などの樹皮を糸の素材にし、独自な布づくりの文化が培われてきました。この一点は、縦もヨコも藤糸で織った藤布衣で、丈夫で風通しもよく海や山仕事にも適し、長く着用されたものです。襟や袖の縁には紺の木綿布で縫い合わされていて、女性の美的センスが感じられます。

 
 

作品所在地の地図

関連リンク

村上市上海府地区の藤布衣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙オツヅレ(藤布の仕事着)
オツヅレ(藤布の仕事着)
コギン(藤布の腰巻)
ワタオツヅレ(藤布のズボン)
佐田岬半島の裂織の仕事着
ページトップへ