ツギコシドンザ(刺子仕事着) つぎこしどんざ さしこしごとぎ

その他の画像全4枚中4枚表示

有形民俗文化財 / 昭和以降 / 新潟県 

新潟市西蒲区間瀬(旧巻町間瀬)
H88×W116
1点
山崎光子民俗服飾コレクション
新潟県立歴史博物館

布を表裏二枚重ねた刺子衣。袖は布を有効に使ったもじり袖で、袖付け部分が大きく、袖口がせまいため、動きやすく、しかも空気も逃がさず暖かい。丈は膝まであり、腰巻なしのモモヒキの腰部を十分に覆う形となっている。
藍染の絣もめんに、縞を紺無地が効果的に何枚もはぎあわせ縫いがされ、整然とした模様が配されており、その上に枡形文様に刺し縫いされている。冬に拵えて、春のよそ行き着として着用していた。また、嫁に行く際に拵えておくものであった。大半新しい反物を用いてつくっていた。

作品所在地の地図

関連リンク

ツギコシドンザ(刺子仕事着)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ドンザ
裂織のツヅレ(袖無)
佐田岬半島の裂織の仕事着
紙オツヅレ(藤布の仕事着)
オツヅレ(藤布の仕事着)
ページトップへ