大阪府狭山池出土木樋/重源狭山池改修碑 おおさかふさやまいけしゅつどもくひ/ちょうげんさやまいけかいしゅうひ

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 飛鳥  奈良  平安  鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 / 近畿 

大阪府
飛鳥~江戸
一括
大阪府大阪狭山市池尻中2
重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:
大阪府・大阪狭山市
国宝・重要文化財(美術品)

狭山池の改修の際に出土した木樋一括と樋の一部として利用されていた石碑一基から成る。木樋は飛鳥時代に初めて構築され、江戸時代初期まで継続的に改修されていた。石碑には鎌倉時代の僧重源が、狭山池を改修した内容が記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

大阪府狭山池出土木樋/重源狭山池改修碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

狭山池
狭山池中樋放水部の石棺群
大阪府安満宮山古墳出土品
大阪府野中古墳出土品
大阪府大野寺跡(土塔)出土品
ページトップへ