御一行書 天神名号 おんいちぎょうしょ てんじんみょうごう

 / 安土・桃山 / 日本 

後陽成天皇 (1571-1617)
ごようぜいてんのう
日本
安土桃山時代/16世紀末から17世紀初め
紙本墨書
92.8×31.3cm
1
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

 草書で一気に書き下された覇気ある一行書である。歴代宸翰の中で最も大字に秀でられる天皇で、その流れは有栖川流に継がれている。それは伏見天皇の影響をうけられた尊円親王の青蓮院流の書流と共に皇室の書風とも見るべき高貴な書品がうかがえる。(『名筆へのいざない―深遠なる書の世界―』海の見える杜美術館2012 解説より)

作品所在地の地図

関連リンク

御一行書 天神名号チェックした作品をもとに関連する作品を探す

御書状  「御庭前花盛」
御書状 「御庭前花盛」

伝 青蓮院宮尊円法親王 

御書状  「就昨日口論之儀」
御書状 「就昨日口論之儀」

青蓮院宮 尊朝法親王

一行書  庶事無留是其勤也
一行書 庶事無留是其勤也

有栖川宮 熾仁親王

御短冊  「朝落葉」
御短冊 「朝落葉」

昭憲皇太后

和歌御詠草  「あたらしき」
和歌御詠草 「あたらしき」

伏見宮 貞建親王 

ページトップへ