長宗我部地検帳 ちょうそがべちけんちょう

文書・書籍 / 安土・桃山 / 高知県 

高知県
桃山時代
袋綴冊子装(五ツ目綴) 料紙楮紙
縦39.5cm×横27.5cm
全368冊
高知県立高知城歴史博物館
重要文化財/指定番号(登録番号):00291(S46.6.22指定)指定名称:長曽我部地検帳

豊臣政権期に土佐国主であった長宗我部氏が実施した、土佐一国の総検地帳。天正15(1587)年から数カ年かけて行われた検地の成果で、土佐七郡全域にわたる368冊が現存する。初代土佐藩主山内一豊は慶長6(1601)年の土佐入国時、長宗我部氏の居城浦戸城に入城し、地検帳を接収。七郡の郡奉行がそれぞれ保管し、初期の土佐藩政に利用した。その後写本を作成し、原本は実務的な使用からは離れるが、近代まで土佐一国の基本台帳として大きな意義を持った。

※長宗我部氏の表記統一のため、指定名称(長曽我部地検帳)と異なる資料名を採用している。

作品所在地の地図

関連リンク

長宗我部地検帳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岡豊城跡
太刀 銘 備前国長船兼光/文和二二年乙未十二月日(通称一国兼光)
太刀 銘 国時
高知城跡
太刀 銘 康光
ページトップへ