紙本金地著色源氏物語図〈土佐光吉筆/(光源氏手鑑)〉 しほんきんじちゃくしょくげんじものがたりず〈とさみつよし/(ひかるげんじてかがみ)〉

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 安土・桃山 / 近畿 

土佐光吉
大阪府
桃山/1612
紙本金地著色
各縦20.0cm 横26.0cm
80面
大阪府和泉市内田町3−6−12
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

「土佐久翌」墨印を伴う源氏絵で、近世初期に堺で活躍した土佐派の絵師・光吉の作品。絵と詞が一対の全80面からなる。詞書は中院通村、烏丸光広等18人の公家による寄合書き。『言緒卿記』の記載等から慶長17年(1612)に石川忠総の要請により製作されたことがわかる基準作である。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本金地著色源氏物語図〈土佐光吉筆/(光源氏手鑑)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本金地著色源氏物語図〈土佐光吉、長次郎筆/〉
源氏物語図
源氏物語図

土佐光吉

源氏物語絵色紙帖 若菜下 詞中院通村
紙本金地著色四季花鳥図〈狩野宗秀筆/六曲屏風〉
紙本金地著色萩芒図 長谷川等伯筆六曲屏風
ページトップへ