豊臣期金箔押桐文方形飾瓦 とよとみききんぱくおしきりもんほうけいかざりがわら

土器・土製品類 / 安土・桃山 / 近畿 

大阪府
安土・桃山/16世紀末
方形板状の瓦の表面に五七桐文を表した金箔押飾瓦である。昭和46年(1971)に行われた大阪市立労働会館の改築工事に伴う発掘調査において出土した。縦18㎝、横19㎝で、幅1.0~1.5㎝の周縁…
1点
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17(出土地)
大阪市指定
指定年月日:20150306
大阪市
有形文化財(美術工芸品)

作品所在地の地図

関連リンク

豊臣期金箔押桐文方形飾瓦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

豊臣期金箔押沢瀉文方形飾瓦
豊臣期金箔押菊文大飾瓦
豊臣期金箔押龍面鯱瓦
豊臣氏大坂城本丸跡出土資料
史跡岐阜城跡(織田信長居館跡)出土金箔飾り瓦
ページトップへ