川原渕組清水村絵図 かわらぶちぐみせいずいむらえず

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 愛媛県 

安永4(1775)年頃
紙本着色
89.5cm×152.5cm
1舗
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

宇和島藩の測量家小川五兵衛が、安永4(1775)年に完成させた川原淵組の村絵図のうちの一枚。大宿川中流域の谷間に位置する清水村(愛媛県鬼北町)を描いている。絵図は山が緑色、田が黄色、畑が桃色、川・用水路・溜池が水色で色分けされており、土地利用の在り方がわかる。宇和島藩の「大成郡録」によると、田が36町5反余り、畑が26町6反余り。大宿川流域の平地部に田が開かれ、水掛かりが悪い谷間に畑がつくられている様子をみてとれる。北側の山の縁に描かれた庄屋所は長屋門を備えた曲り屋で、藩への年貢米を入れた納蔵が近くに置かれている。村に点在した大小の寺社の記載も豊富である。

作品所在地の地図

関連リンク

川原渕組清水村絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

祝森村絵図
柿原村絵図
保田村絵図
高山浦絵図
九島浦絵図
ページトップへ