東山田村・野田村・伊賀上村、俵津浦山境争論裁許絵図 ひがしやまだむら・のだむら・いがおうじょうむら、たわらづうらやまざかいそうろんさいきょえず

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 愛媛県 

文政4(1821)年
紙本着色
143.0cm×267.0cm
1舗
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

宇和島藩領の東山田村・野田村・伊賀上村(愛媛県西予市)と吉田藩領の俵津浦(愛媛県西予市)との間で起きた山をめぐる境界争論を裁定した絵図。文化10年(1813)に宇和島藩の測量技術者、小川五郎兵衛(久忠)が藩により俵津浦を測量して絵図に仕立てているが、本図も小川がその測量成果をもとに作製したものといえよう。山側に複雑に折れ曲る白線が見えるが、この白線が3カ村側の主張する村境。一方、俵津浦は絵図に描かれている範囲の全体を村域と主張しており、両者の認識には大きな隔たりがあった。そこで、白線から上側をいずれにも属さない入会場とすることで、争論は決着をみている。裁決結果を記した絵図の裏書には、俵津浦と入会地との境界に248本の立石を設置し、5番目ごとの石に数字を刻んだことが記されている。本図には、複雑な境界を確定し、写実的な表現で絵図に記録した、五郎兵衛の高度な測量技術、絵図の作製能力が随所に見られる。

作品所在地の地図

関連リンク

東山田村・野田村・伊賀上村、俵津浦山境争論裁許絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西山田村津布理村山境争論裁許絵図
川内村絵図
宇和郡三浦絵図
保田村絵図
高山浦絵図
ページトップへ