西大寺の会陽 さいだいじのえよう

無形民俗文化財 / 中国・四国 

指定年月日:20160302
保護団体名:西大寺会陽保存会
備考:公開日:毎年2月第三土曜日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)
重要無形民俗文化財

本件は,岡山県岡山市東区にある西大寺に伝承される年頭の裸祭りで,修正会の最終日に当たる結願の日に,数千人に及ぶまわし姿の男性たちが福を求めて本堂に参集し,宝木と呼ばれる木製の護符を奪い合う。
会陽の当日は,参加する男性たちが西大寺境内の垢離取場で身を清め,地押しと称して境内を練った後,本堂に参集する。その数は数千人に及び,本堂の大床の上で,本押しと称してもみ合いをする。午後10時になると,本堂内陣の御福窓から西大寺住職が2本の宝木をその年の恵方に向けて投下し,それをめぐって激しい争奪戦が繰り広げられる。宝木を取った者は,西大寺近くに設けられた仮受所に向かい,白米を盛った一升枡に宝木を突き立て,取った宝木の検分が無事に終わると福男となる。その後,宝木は祝主が貰い受ける。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

西大寺の会陽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岡山県の会陽の習俗
浦佐毘沙門堂の裸押合
因幡宝木のしょうぶ綱
手熊・柿泊のモットモ
神原八幡宮の取り追う祭
ページトップへ