{称名寺聖教/金沢文庫文書} しょうみょうじしょうぎょう
かなざわぶんこもんじょ

文書・書籍 / 平安  鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸  明治 / 関東 

神奈川県
平安~明治
16692点
4149通
神奈川県横浜市金沢区金沢町142
重文指定年月日:20060609
国宝指定年月日:20160817
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

本件は,金沢氏の菩提寺(ぼだいじ)であった称名寺と,北条実時(さねとき)の草創にかかる金沢文庫に伝来した史料群の一括で,聖教及び文書ともに,我が国における代表的な仏教・寺院史料及び武家文書として貴重である。
  聖教,文書ともに,重要文化財の指定を受けていたが,これらを統合し,新たに明らかになった聖教類を追加することで,史料群の全体像を把握することができる。
  鎌倉時代の浄土宗や禅宗などの鎌倉新仏教,真言宗をはじめとした旧仏教を問わず仏教史はもちろんのこと,政治史のみならず武家の文化を解明する上で欠かせない第一級の史料である。

作品所在地の地図

関連リンク

{称名寺聖教/金沢文庫文書}チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色北条実時像
佐藤家文書(五十九通)
二階堂家文書(四百七十六通)
東寺百合文書(二万四千六十七通)
建春門院中納言記
ページトップへ