津軽為信書状 つがるためのぶしょじょう

歴史資料  文書・書籍 / 安土・桃山 / 日本 

津軽為信 (1550~1607)
つがるためのぶ
日本
安土桃山時代/1592~1600
折紙 掛幅装
縦31.1㎝ 横48.6㎝
一幅
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市 津軽家旧蔵品

藤屋与右衛門宛。藤屋は北陸地方の商人と考えられる。花押は「誓詞一巻」(文禄2年5月10日付)のものに酷似する。
「口上  先度ハ遠路人を為越候、忝候、随而拙者関東江罷下候、御用之儀可被仰越候、将亦国本江も自然相應之御用等候ハヽ、無御慮心可被仰付候、聊以疎意あるましく候、従者共ニ懇に申付候間、其御心得可被成候、?去年の刀六左衛門所ニあつけ置申候、御用ニ候ハヽ取て可被遣候、又米なと御のぼせ候ハヽ、我等国本江舟ニよひニ被遣候、あいつくち江成共御まわし可有候、菟角其方御かつてニ可然様頼入候、委細者口上ニ可申候、恐々謹言 六月六日 為信 花押 津右京亮 藤屋与右衛門殿 為信 まいる」

作品所在地の地図

関連リンク

津軽為信書状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳川秀忠書状
徳川秀忠書状

徳川秀忠

酒井忠次書状 大須賀一徳齋宛
山縣昌景書状
山縣昌景書状

山縣昌景

雷雲蒔絵鼓胴
北条氏政書状  永禄12年 酒井忠次宛
ページトップへ