常願寺川砂防施設 本宮堰堤 じょうがんじがわさぼうしせつ ほんぐうえんてい

その他の画像全4枚中4枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中部 

富山県
昭和/1936
本堰堤、旧第一副堰堤からなる
本堰堤 重力式コンクリート造堰堤、堤長107.4m、提高22.0m、水叩附属
旧第一副堰堤 重力式コンクリート造堰堤、堤長96.2m、提高6.0m、右岸石張護岸附属
1所
富山県富山市小見字家ノ高割28番5・同中新川郡立山町芦峅寺字下林1番2
重文指定年月日:20171128
国宝指定年月日:
重要文化財

 常願寺川砂防施設は,立山連峰から富山湾に注ぐ我が国屈指の急流荒廃河川,常願寺川に築かれた砂防施設群であり,大正15年から内務省により建設が進められた。本宮堰堤は中流に位置し,平野部の手前で土砂を捕捉し災害を防ぐことを目的として昭和11年に建設された,我が国最大級の貯砂量を誇る重力式コンクリート造堰堤である。また,泥谷堰堤は崩壊地の拡大を防ぐため,上流の急勾配の谷筋に築かれた階段式の砂防施設である。
 常願寺川砂防施設は,常願寺川水系を一体的に治める治水対策の礎となった施設であり,我が国の治水史上,高い価値を有する。また荒廃河川特有の不利な地盤条件を克服し,短期間で完成した大規模堰堤と長大な階段式堰堤は,昭和前期における砂防施設の技術的達成度を示すものとしても重要で,既指定の白岩堰堤と併せて保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

常願寺川砂防施設 本宮堰堤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

常願寺川砂防施設 泥谷堰堤
常願寺川砂防施設 白岩堰堤
山神砂防堰堤
肘折砂防堰堤
足洗谷第一号砂防堰堤
ページトップへ