旧松本区裁判所庁舎 きゅうまつもとくさいばんしょちょうしゃ

その他の画像全6枚中6枚表示

近代その他 / 明治 / 中部 

長野県
明治/1908
木造、建築面積742.18㎡、桟瓦葺一部鉄板葺
1棟
長野県松本市大字島立字新切2196番地
重文指定年月日:20171128
国宝指定年月日:
重要文化財

 旧松本区裁判所庁舎は,明治41年に松本城の二の丸御殿跡に建築され,昭和57年に現在地の「松本市歴史の里」に移築された。
 両端に翼部を付けた左右対称の立面で,中央に車寄を構え,全体を和風意匠でまとめる。平面はH字形で,南翼部に支部訟廷,北翼部に区訟廷などを配する。訟廷には被告人,弁護士等のための出入口を設けて判事との動線を明確に分け,訟廷内部では判事席とそれ以外の部分の床に段差を設けるなど,明治後期の区裁判所庁舎の典型的な特徴をよく示す。
 明治期に全国で数多く建てられた和風の裁判所建築のうち,最も完成度の高い遺例として,高い歴史的価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧松本区裁判所庁舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧石川県第二中学校本館
旧御船区裁判所庁舎
旧開拓使工業局庁舎
明治村宮津裁判所法廷
明治神宮宝物殿 車寄
ページトップへ