こぎん関係資料 こぎんかんけいしりょう

工芸  染織 / 明治  大正  昭和以降 / 日本  東北  青森県 

青森県
明治~昭和時代
麻布に木綿糸の刺繍
一括
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市

こぎん刺しは、津軽地方に特有の刺しこの技法。農家の衣料として自家製の麻布に木綿糸で幾何学模様を刺繍した。東こぎん、西こぎん、三縞こぎんの三系統がある。明治時代の古作こぎん22点のほかに、関連資料として単位模様の刺しパターン527件、模様採集の原稿用紙149枚などを含む。

作品所在地の地図

関連リンク

こぎん関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津軽・南部のさしこ着物
西こぎん着物 幾何学文
悪戸焼
津軽凧絵
押絵
ページトップへ