木造阿弥陀如来坐像 もくぞうあみだにょらいざぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

木像 / 平安 / 近畿 

兵庫県
平安中期
螺髪刻出、肉髻珠、白毫相を顕し、耳朶に環なし。三道刻出、衲衣を纏う。両手屈臂、膝上で定印を結び、左足を上にして結跏趺坐する。翻波式衣文の表現がみられる。
像高  : 37.5cm      頭上-顎: 12.4cm
 髪際高 : 33.3cm      耳張  : 9.5cm
 面巾  : 8.2cm      面奥  : 10.4cm
 臂張  : 21.9cm      胸奥  : 10.7cm…
1軀
兵庫県神崎郡福崎町東田原1891
福崎町指定
指定年月日:20180322
有形文化財(美術工芸品)

正徳元年(1711)の修理により、像全体に泥地漆箔の処置がされ、像容が大きく変えられていた。平成27年(2015)に神積寺が主体となって修理をし、後補の泥地漆箔の除去や虫穴の充填、調色等が行われ、平安時代の制作当初と考えられる姿に修復されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造阿弥陀如来坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造薬師如来坐像
木造阿弥陀如来坐像
木造十一面観音坐像
木造阿弥陀如来坐像
木造大日如来坐像
ページトップへ