伊達の蚕種製造及び養蚕・製糸関連用具 だてのさんしゅせいぞうおよびようさん・せいしようぐ

その他の画像全8枚中8枚表示

有形民俗文化財 / 東北 

福島県
1,344点
伊達市
指定年月日:20190328
管理団体名:
備考:内訳:蚕種製造用具485点、養蚕用具490点、製糸用具176点、製織用具105点、真綿製造用具46点、その他42点
※本件は平成20年3月13日に登録有形民俗…
重要有形民俗文化財

福島県の伊達地方で盛んに行われてきた蚕の卵を作る蚕種製造と養蚕,製糸に関する用具を分類,整理したものである。伊達地方は,古くから養蚕が行われ,近世には質の高い繭と糸を作り出す蚕の品種の製造に力を入れ,幕府より「蚕種本場」の称号を許されて蚕種の一大産地としての地位を築いた。また,伊達地方は,「温暖育」や「蚕当計」の発明など養蚕技術の先進地域でもあり,郡内の繭市には各地から生糸商人が集まるなど,東北地方の蚕都として栄えた。
 本収集は,このような伊達地方における蚕糸業の実態をよく示すものであり,蚕種製造と養蚕,製糸の用具を中心に,製織,真綿製造,繭見本,養蚕信仰などに関する用具から構成される。蚕種製造用具は,「平付」「框製」「バラ種」という製造法の時代的な変遷に沿って各種の用具が収集されており,養蚕用具は,当地で発明された蚕専用の寒暖計である「蚕当計」,製糸用具は,東北地方に特徴的な糸繰り用具である胴繰器や奥州座繰器などを含む用具一式が揃っている。このほかに,種繭の選別に使われ,国内外の蚕の品種を集めた繭見本が数多く収集されており,蚕種製造の一大産地であったことを示唆している。(解説は指定当時のものです)

作品所在地の地図

関連リンク

伊達の蚕種製造及び養蚕・製糸関連用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白沢の養蚕関係用具
前橋の養蚕・製糸用具及び関連資料
荘川の養蚕用具
阿波の和三盆製造用具
阿波藍栽培加工用具
ページトップへ