十六武蔵 じゅうろくむさし

工芸  その他 / 江戸  明治 / 日本  近畿  京都府 

京都府
江戸~明治時代
木製布貼り 漆塗 蒔絵 
台の高さ22.2㎝ 幅24.9㎝ 奥行34.2㎝
1具
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市

弘前城中で使用されたと伝わる遊戯具。盤面は黒漆塗りに蒔絵で線を引き、駒は毛植人形の猫と鼠である。細い絹糸を植え付けた毛植人形は、幕末から明治初めに京都で作られた人形と言われており、本品もその頃の制作と考えられる。明治2年に京都から当地に下った最後の藩主夫人近衛尹子のゆかりの品と推測される。

作品所在地の地図

関連リンク

十六武蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牡丹紋付貝桶
色紙蒔絵文台硯箱
弘前城杉戸
変塗花見弁当
梨子地御紋付菊紅葉蒔絵煙草盆
ページトップへ