屋代遺跡群水田遺構出土祭祀遺物群 やしろいせきぐんすいでんいこうしゅつどさいしいぶつぐん

その他の画像全7枚中7枚表示

土器・土製品類 / 中部 

長野県
平安時代前期(9世紀後半)
馬口遺跡:緑釉陶器1、須恵器1、灰釉陶器1、黒色土器1 地之目遺跡:灰釉陶器26、須恵器1、黒色土器5
長野県千曲市大字戸倉2388
千曲市指定
指定年月日:20170330
有形文化財(美術工芸品)

屋代遺跡群水田遺構出土の農耕祭祀遺物群は、仁和4年(888)5月8日(新暦6月20日)に埋没したもので、田植え直前の祭祀に使用された道具(祭器)群である。祭祀は、民俗例に見られる水口祭が考えられる。これらの祭祀遺物は、出土状態・数量・器種組成などに違いが認められ、村(集落)単位(馬口遺跡プール建設地点・地之目遺跡5・8号畦畔)と家族単位(馬口1号畦畔)の祭祀が考えられる。古代における水口祭などの田植え直前の祭祀は不明な点が多く、これら祭祀遺物は究明するための第一級資料である。加えて、出土遺跡が全国でも有数の更埴条里遺構や屋代木簡や律令的祭祀遺物出土地に近接しており、これらと合わせれば、千曲市域の古代社会解明に大きく役立つ価値があるものである。
 祭祀遺物群には緑釉陶器水注や灰釉陶器突帯付短頸壺など、全国的にも類例が少ない。また仁和4年という定点資料として古代土器の編年研究の定点資料であり、古代土器研究の編年研究や商品流通の進める上でも重要な資料である。
  

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

屋代遺跡群水田遺構出土祭祀遺物群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寺家遺跡
三重県斎宮跡出土品
西後明遺跡出土遺物
志太郡衙跡
恒川官衙遺跡
ページトップへ