土屋神社所蔵鰐口(粟生田上村七所宮常住鰐口) つちやじんじゃしょぞうわにぐち(あおうだかみむらしちしょぐうじょうじゅうわにぐち)

その他 / 室町 / 関東 

不明
埼玉県
室町(戦国)/1513
小型の鰐口で、やや甲盛りが強い。耳はそれぞれの型に一つずつ型がある。撞座は陽鋳で花文を表すが、蓮実の表現が見られないなど特異な蓮華文で、表裏で形も異なる。
寸法:総径(縦)17.8cm、総径(横)19.0cm、層厚7.4cm、肩幅11.3cm、外区径16.6cm、内区径10.3cm、撞座区径4.3cm、撞座区3.4cm、耳高2.0cm、耳幅2.3cm、耳厚0.9cm、目径…
1基
埼玉県坂戸市浅羽野2丁目2番11号
坂戸市指定
指定年月日:20180327
有形文化財(美術工芸品)

製作年代が分かる鰐口としては、市内で最も古いものの一つと考えられ、作者は不明だが、近隣で鋳物師集団の存在が多く確認されていることから、在地の鋳物師の作である可能性もある。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

土屋神社所蔵鰐口(粟生田上村七所宮常住鰐口)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白牛頭天王神社鰐口
石崎八幡神社の鰐口
石崎八幡神社の鰐口

平氏盛阿弥

金銅鰐口
明暦二年銘銅鰐口
草花孔雀文磬
ページトップへ