清洲城下町遺跡出土箍締め杮経
(永享11(1439)年墨書銘)
きよすじょうかまちいせきしゅつどたがじめこけらきょう(えいきょうじゅういちねんぼくしょめい)

その他の画像全6枚中6枚表示

木簡・木製品類 / 南北朝 / 中部 

不明
愛知県
室町時代/1439
・箍締め杮経1束
  当初は円筒形であったと思われるが、約6割が欠損し半円筒形を呈している。杮経を束ねて右巻きに仕立て、2条の竹で上下2か所を箍締めしており、束外面には偈頌…
・箍締め杮経1束
 縦  :約23㎝
 幅(径):約18㎝
 高さ :7.5㎝
 残存率:約4/10
・分離した杮経一括2,380点
 一点あたり
 大きさ 長さ:約22㎝、
 幅 :約1.1~…
箍締め杮経1束及び
分離した杮経一括2,380点(内、562点は保存処理済)
清須市春日東出8番地2
清須市指定
指定年月日:20180921
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

清洲城下町遺跡出土箍締め杮経
(永享11(1439)年墨書銘)
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桶茶道具
春日社古墳出土副葬品
中田古墳出土埴輪
西山古墳出土品
高坂8号墳出土品<BR/>
ページトップへ