平次郎臓図模写図 へいじろうぞうずもしゃず

その他 / 江戸 / 日本 

松島瑞境 (宝暦12年生、天保4年没)
まつしまずいきょう
日本
江戸/1762-1833
紙・淡彩
27.6×1300cm
1
鳥取市
渡辺美術館

天明3(1783)年伏見で橘南蹊、吉田玄理、森元立宣が刑死者平次郎を解剖したときの臓図を日を改めて吉林蘭洲が清書し平次郎臓図(62図)として今日に伝わる。

作品所在地の地図

関連リンク

平次郎臓図模写図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

湯島聖堂
夕顔蒔絵硯箱
石燈籠
著色画扇面貼付手筥〈尾形光琳画/〉
太刀〈銘備前国長船住近景/建武二年五月日〉
ページトップへ